Product SiteDocumentation Site

Fedora 16

システム管理者ガイド

Fedora 16 の導入、設定および管理

エディッション 1

Hradílek Jaromír [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

Silas Douglas [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

Prpič Martin [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

Kopalová Eva [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

Slobodová Eliška [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

Čapek Tomáš [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

Kovář Petr [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

Svoboda Miroslav [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

Ha John [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

O'Brien David [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

Hideo Michael [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

Domingo Don [FAMILY Given]

Red Hat, Inc. Engineering Content Services

法律上の通知

Copyright © 2011 Red Hat, Inc. and others.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. The original authors of this document, and Red Hat, designate the Fedora Project as the "Attribution Party" for purposes of CC-BY-SA. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, JBoss, MetaMatrix, Fedora, the Infinity Logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
For guidelines on the permitted uses of the Fedora trademarks, refer to https://fedoraproject.org/wiki/Legal:Trademark_guidelines.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
All other trademarks are the property of their respective owners.
概要
システム管理者ガイドは、Fedora 16 の導入、設定および管理に関連する情報をドキュメント化しています。システムの基本的な理解をしているシステム管理者向けになっています。

序文
1. 対象の読者
2. この本の読み方
3. 表記方法
3.1. 印刷における表記方法
3.2. 引用における表記方法
3.3. 注記および警告
4. Feedback
5. Acknowledgments
I. 基本的なシステム設定
1. 言語とキーボードの設定
1.1. 言語の変更
1.2. 日付、時刻および数字の形式の変更
1.3. キーボードのレイアウト変更
1.4. 現在の設定の表示
2. 日付と時刻の設定
2.1. 日付と時刻の設定ツールの使い方
2.2. コマンドラインツールの使用
2.2.1. 日付の変更方法
2.2.2. 時刻の変更方法
2.2.3. Network Time Protocol の設定
2.3. その他のリソース
2.3.1. インストールされているドキュメント
3. ユーザーとグループの管理
3.1. ユーザーとグループのイントロダクション
3.1.1. ユーザープライベートグループ
3.1.2. シャドウパスワード
3.2. ユーザー アカウントのツールを使う
3.2.1. アカウントの設定
3.2.2. 新規ユーザーを追加する
3.2.3. ユーザーの削除
3.3. ユーザー管理のツールを使う
3.3.1. ユーザーとグループを閲覧する
3.3.2. 新規ユーザーを追加する
3.3.3. 新規グループを追加する
3.3.4. ユーザーのプロパティを変更する
3.3.5. グループのプロパティを変更する
3.4. コマンドラインのツールを使う
3.4.1. 新規ユーザーを追加する
3.4.2. 新規グループを追加する
3.4.3. パスワードエージングの有効化
3.4.4. 自動ログアウトの有効化
3.4.5. グループ用ディレクトリーの作成
3.5. その他のリソース
3.5.1. インストールされているドキュメント
II. パッケージ管理
4. Yum
4.1. パッケージの確認と更新
4.1.1. 更新の確認
4.1.2. パッケージの更新
4.1.3. 設定ファイル変更の保存
4.2. パッケージとパッケージ グループ
4.2.1. パッケージの検索
4.2.2. パッケージの一覧
4.2.3. パッケージ情報の表示
4.2.4. パッケージのインストール
4.2.5. パッケージの削除
4.2.6. 処理とトランザクションの履歴
4.3. Yum と Yum リポジトリーの設定
4.3.1. [main] オプションの設定
4.3.2. [repository] オプションの設定
4.3.3. Yum 変数の使い方
4.3.4. 現在の設定の表示
4.3.5. Yum リポジトリの追加・有効化および無効化
4.3.6. Yum リポジトリーの作成
4.4. Yum プラグイン
4.4.1. Yum プラグインの無効化、有効化、設定
4.4.2. 追加の Yum プラグインのインストール
4.4.3. プラグインの説明
4.5. その他のリソース
5. PackageKit
5.1. ソフトウェアの更新を用いたパッケージの更新
5.1.1. 更新の確認間隔の設定
5.1.2. ソフトウェアソースの設定
5.2. ソフトウェアの追加/削除の使用
5.2.1. ソフトウェアソースの更新 (Yum リポジトリー)
5.2.2. フィルターを用いたパッケージの検索
5.2.3. パッケージ(および依存するもの)のインストールおよび削除
5.2.4. パッケージグループのインストールおよび削除
5.2.5. トランザクションログの表示
5.3. PackageKit アーキテクチャー
5.4. その他のリソース
III. ネットワーク
6. ネットワーク・インターフェース
6.1. ネットワーク設定ファイル
6.2. インターフェース設定ファイル
6.2.1. イーサネット インターフェース
6.2.2. チャンネル・ボンディング・インターフェース
6.2.3. エイリアス ファイルとクローン ファイル
6.2.4. ダイヤルアップ インターフェース
6.2.5. 他のインターフェース
6.3. インターフェース制御スクリプト
6.4. スタティック ルートの設定
6.5. ネットワーク機能ファイル
6.6. その他のリソース
6.6.1. インストールされているドキュメント
IV. インフラストラクチャーサービス
7. サービスおよびデーモン
7.1. サービスの設定
7.1.1. サービスの有効化
7.1.2. サービスの無効化
7.2. サービスの実行
7.2.1. サービスの状態の確認
7.2.2. サービスの実行
7.2.3. サービスの停止
7.2.4. サービスの再起動
7.3. その他のリソース
7.3.1. インストールされているドキュメント
7.3.2. 関連書籍
8. 認証の設定
8.1. 認証の設定ツール
8.1.1. 識別と認証
8.1.2. 高度なオプション
8.1.3. コマンドライン版
8.2. The System Security Services Daemon (SSSD)
8.2.1. What is SSSD?
8.2.2. SSSD Features
8.2.3. Setting Up SSSD
8.2.4. Configuring Services
8.2.5. Configuring Domains
8.2.6. Setting Up Kerberos Authentication
8.2.7. Configuring a Proxy Domain
8.2.8. Troubleshooting
8.2.9. SSSD Configuration File Format
9. OpenSSH
9.1. SSH プロトコル
9.1.1. なぜ SSH を使うのか?
9.1.2. 主な機能
9.1.3. プロトコル・バージョン
9.1.4. SSH コネクションのイベント・シーケンス
9.2. OpenSSH の設定
9.2.1. 設定ファイル
9.2.2. OpenSSH サーバーの起動
9.2.3. リモート接続に対する SSH の要求
9.2.4. キー認証の使用
9.3. OpenSSH クライアント
9.3.1. ssh ユーティリティの使用方法
9.3.2. scp ユーティリティの使用方法
9.3.3. sftp ユーティリティの使用方法
9.4. 安全なシェル以上のもの
9.4.1. X11 転送
9.4.2. ポート転送
9.5. 追加のリソース
9.5.1. インストールされているドキュメント
9.5.2. 役に立つ Web サイト
V. サーバー
10. DHCP サーバー
10.1. DHCP を使用する理由
10.2. DHCP サーバーの設定
10.2.1. 設定ファイル
10.2.2. リースデータベース
10.2.3. サーバーの起動と停止
10.2.4. DHCP リレーエージェント
10.3. DHCP クライアントの設定
10.4. Configuring a Multihomed DHCP Server
10.4.1. ホストの設定
10.5. IPv6 向け DHCP (DHCPv6)
10.6. その他のリソース
10.6.1. インストールされているドキュメント
11. DNS サーバー
11.1. DNS の概要
11.1.1. ネームサーバーゾーン
11.1.2. ネームサーバーのタイプ
11.1.3. ネームサーバーとしての BIND
11.2. BIND
11.2.1. named サービスの設定
11.2.2. ゾーンファイルの編集
11.2.3. rndc ユーティリティの使用法
11.2.4. dig ユーティリティの使用
11.2.5. BIND の高度な機能
11.2.6. よくある間違いを避けるために
11.2.7. その他のリソース
12. ウェブ サーバー
12.1. Apache HTTP サーバー
12.1.1. 新機能
12.1.2. 注目すべき変更
12.1.3. 設定の更新
12.1.4. httpd サービスの実行方法
12.1.5. 設定ファイルの編集
12.1.6. Working with Modules
12.1.7. 仮想ホストのセットアップ
12.1.8. SSL サーバーのセットアップ
12.1.9. その他のリソース
13. メールサーバー
13.1. 電子メールプロトコル
13.1.1. メール トランスポートのプロトコル
13.1.2. メール アクセスのプロトコル
13.2. 電子メールプログラム分類
13.2.1. メール転送エージェント (Mail Transport Agent)
13.2.2. メール配送エージェント (Mail Delivery Agent)
13.2.3. メール ユーザー エージェント
13.3. Mail Transport Agent
13.3.1. Postfix
13.3.2. Sendmail
13.3.3. Fetchmail
13.3.4. Mail Transport Agent (MTA) の設定
13.4. メール配送エージェント
13.4.1. Procmail の設定
13.4.2. Procmail レシピ
13.5. メールユーザーエージェント
13.5.1. 通信のセキュリティ
13.6. その他のリソース
13.6.1. インストールされているドキュメント
13.6.2. 役に立つ Web サイト
13.6.3. 関連書籍
14. ディレクトリー サーバー
14.1. OpenLDAP
14.1.1. Introduction to LDAP
14.1.2. OpenLDAP 製品群のインストール
14.1.3. OpenLDAP サーバーの設定法
14.1.4. Running an OpenLDAP Server
14.1.5. システムが OpenLDAP を使用して認証を実行するように設定する
14.1.6. その他のリソース
15. File and Print Servers
15.1. Samba
15.1.1. Samba の概要
15.1.2. Samba デーモンと関連サービス
15.1.3. Samba シェアへの接続
15.1.4. Samba サーバーの設定
15.1.5. Samba の開始と停止
15.1.6. Samba サーバー形式と smb.conf ファイル
15.1.7. Samba のセキュリティモード
15.1.8. Samba のアカウント情報データベース
15.1.9. Samba ネットワークブラウジング
15.1.10. CUPS 印刷サポートを使った Samba
15.1.11. Samba ディストリビューションプログラム
15.1.12. その他のリソース
15.2. FTP
15.2.1. ファイル伝送プロトコル
15.2.2. FTP サーバー
15.2.3. Files Installed with vsftpd
15.2.4. vsftpd の開始と停止
15.2.5. vsftpd 設定オプション
15.2.6. その他のリソース
15.3. プリンタの設定
15.3.1. Starting the Printer Configuration Tool
15.3.2. Starting Printer Setup
15.3.3. ローカルプリンタの追加
15.3.4. Adding an AppSocket/HP JetDirect printer
15.3.5. IPP プリンタの追加
15.3.6. Adding an LPD/LPR Host or Printer
15.3.7. Adding a Samba (SMB) printer
15.3.8. プリンタモデルの選択と終了
15.3.9. Printing a test page
15.3.10. 既存プリンタの変更
15.3.11. その他のリソース
VI. 監視および自動化
16. システム監視ツール
16.1. Viewing System Processes
16.1.1. Using the ps Command
16.1.2. Using the top Command
16.1.3. Using the System Monitor Tool
16.2. Viewing Memory Usage
16.2.1. Using the free Command
16.2.2. Using the System Monitor Tool
16.3. Viewing Block Devices and File Systems
16.3.1. Using the lsblk Command
16.3.2. Using the blkid Command
16.3.3. Using the partx Command
16.3.4. Using the findmnt Command
16.3.5. Using the df Command
16.3.6. Using the du Command
16.3.7. Using the System Monitor Tool
16.4. Viewing Hardware Information
16.4.1. Using the lspci Command
16.4.2. Using the lsusb Command
16.4.3. Using the lspcmcia Command
16.4.4. Using the lscpu Command
16.5. Monitoring Performance with Net-SNMP
16.5.1. Installing Net-SNMP
16.5.2. Running the Net-SNMP Daemon
16.5.3. Configuring Net-SNMP
16.5.4. Retrieving Performance Data over SNMP
16.5.5. Extending Net-SNMP
16.6. その他のリソース
16.6.1. インストールされているドキュメント
17. Viewing and Managing Log Files
17.1. Configuring rsyslog
17.1.1. Global Directives
17.1.2. Modules
17.1.3. Rules
17.1.4. rsyslog Command Line Configuration
17.2. ログファイルを探す
17.2.1. Configuring logrotate
17.3. ログファイルの表示
17.4. Adding a Log File
17.5. ログファイルを監視する
17.6. その他のリソース
17.6.1. インストールされているドキュメント
17.6.2. 役に立つ Web サイト
18. Automating System Tasks
18.1. Cron and Anacron
18.1.1. サービスの起動と停止
18.1.2. Configuring Anacron Jobs
18.1.3. Configuring Cron Jobs
18.1.4. Cron へのアクセスの制御
18.1.5. Black/White Listing of Cron Jobs
18.2. at コマンドと batch コマンド
18.2.1. At ジョブの設定
18.2.2. batch ジョブの設定
18.2.3. 保留ジョブの表示
18.2.4. その他のコマンドラインオプション
18.2.5. at と batch へのアクセスの制御
18.2.6. サービスの起動と停止
18.3. その他のリソース
18.3.1. インストールされているドキュメント
19. OProfile
19.1. Overview of Tools
19.2. Configuring OProfile
19.2.1. Specifying the Kernel
19.2.2. Setting Events to Monitor
19.2.3. Separating Kernel and User-space Profiles
19.3. Starting and Stopping OProfile
19.4. Saving Data
19.5. Analyzing the Data
19.5.1. Using opreport
19.5.2. Using opreport on a Single Executable
19.5.3. Getting more detailed output on the modules
19.5.4. Using opannotate
19.6. Understanding /dev/oprofile/
19.7. Example Usage
19.8. OProfile Support for Java
19.8.1. Profiling Java Code
19.9. Graphical Interface
19.10. OProfile and SystemTap
19.11. Additional Resources
19.11.1. Installed Docs
19.11.2. Useful Websites
VII. カーネル、モジュールおよびドライバーの設定
20. カーネルをアップグレードする
20.1. カーネルパッケージの概要
20.2. アップグレードの準備
20.3. アップグレードされたカーネルをダウンロードする
20.4. アップグレードの実行
20.5. 初期RAMディスクイメージの確認
20.6. ブートローダの確認
20.6.1. Configuring the GRUB Boot Loader
20.6.2. Configuring the OS/400 Boot Loader
20.6.3. Configuring the YABOOT Boot Loader
21. Working with Kernel Modules
21.1. Listing Currently-Loaded Modules
21.2. Displaying Information About a Module
21.3. Loading a Module
21.4. Unloading a Module
21.5. Setting Module Parameters
21.6. Persistent Module Loading
21.7. Specific Kernel Module Capabilities
21.7.1. 複数のイーサネットカードの使用
21.7.2. Using Channel Bonding
21.8. その他のリソース
21.8.1. インストールされているドキュメント
21.8.2. 役に立つ Web サイト
22. The kdump Crash Recovery Service
22.1. Configuring the kdump Service
22.1.1. Using the Kernel Dump Configuration Utility
22.1.2. Configuring kdump on the Command Line
22.1.3. Testing the Configuration
22.2. Analyzing the Core Dump
22.2.1. Running the crash Utility
22.2.2. Displaying the Message Buffer
22.2.3. Displaying a Backtrace
22.2.4. Displaying a Process Status
22.2.5. Displaying Virtual Memory Information
22.2.6. Displaying Open Files
22.2.7. Exiting the Utility
22.3. その他のリソース
22.3.1. インストールされているドキュメント
22.3.2. 役に立つ Web サイト
A. Consistent Network Device Naming
A.1. Affected Systems
A.2. System Requirements
A.3. Enabling and Disabling the Feature
A.4. Notes for Administrators
B. RPM
B.1. RPM の設計目標
B.2. RPMの使用法
B.2.1. RPM パッケージの検索
B.2.2. インストールとアップグレード
B.2.3. Configuration File Changes
B.2.4. アンインストール
B.2.5. インストール済みのアップグレードの実行
B.2.6. 問い合わせ
B.2.7. 検証
B.3. パッケージの署名を確認する
B.3.1. Importing Keys
B.3.2. Verifying Signature of Packages
B.4. Practical and Common Examples of RPM Usage
B.5. その他のリソース
B.5.1. インストールされているドキュメント
B.5.2. 役に立つ Web サイト
B.5.3. 関連書籍
C. X Window System
C.1. The X Server
C.2. デスクトップ環境とウィンドウマネージャ
C.2.1. デスクトップ環境
C.2.2. ウィンドウマネージャ
C.3. X サーバー設定ファイル
C.3.1. The Structure of the Configuration
C.3.2. The xorg.conf.d Directory
C.3.3. The xorg.conf File
C.4. フォント
C.4.1. Fontconfig へのフォントの追加
C.5. その他のリソース
C.5.1. インストールされているドキュメント
C.5.2. 役に立つ Web サイト
D. The sysconfig Directory
D.1. Files in the /etc/sysconfig/ Directory
D.1.1. /etc/sysconfig/arpwatch
D.1.2. /etc/sysconfig/authconfig
D.1.3. /etc/sysconfig/autofs
D.1.4. /etc/sysconfig/clock
D.1.5. /etc/sysconfig/dhcpd
D.1.6. /etc/sysconfig/firstboot
D.1.7. /etc/sysconfig/i18n
D.1.8. /etc/sysconfig/init
D.1.9. /etc/sysconfig/ip6tables-config
D.1.10. /etc/sysconfig/keyboard
D.1.11. /etc/sysconfig/ldap
D.1.12. /etc/sysconfig/named
D.1.13. /etc/sysconfig/network
D.1.14. /etc/sysconfig/ntpd
D.1.15. /etc/sysconfig/quagga
D.1.16. /etc/sysconfig/radvd
D.1.17. /etc/sysconfig/samba
D.1.18. /etc/sysconfig/selinux
D.1.19. /etc/sysconfig/sendmail
D.1.20. /etc/sysconfig/spamassassin
D.1.21. /etc/sysconfig/squid
D.1.22. /etc/sysconfig/system-config-users
D.1.23. /etc/sysconfig/vncservers
D.1.24. /etc/sysconfig/xinetd
D.2. Directories in the /etc/sysconfig/ Directory
D.3. その他のリソース
D.3.1. インストールされているドキュメント
E. The proc File System
E.1. A Virtual File System
E.1.1. Viewing Virtual Files
E.1.2. Changing Virtual Files
E.2. Top-level Files within the proc File System
E.2.1. /proc/buddyinfo
E.2.2. /proc/cmdline
E.2.3. /proc/cpuinfo
E.2.4. /proc/crypto
E.2.5. /proc/devices
E.2.6. /proc/dma
E.2.7. /proc/execdomains
E.2.8. /proc/fb
E.2.9. /proc/filesystems
E.2.10. /proc/interrupts
E.2.11. /proc/iomem
E.2.12. /proc/ioports
E.2.13. /proc/kcore
E.2.14. /proc/kmsg
E.2.15. /proc/loadavg
E.2.16. /proc/locks
E.2.17. /proc/mdstat
E.2.18. /proc/meminfo
E.2.19. /proc/misc
E.2.20. /proc/modules
E.2.21. /proc/mounts
E.2.22. /proc/mtrr
E.2.23. /proc/partitions
E.2.24. /proc/slabinfo
E.2.25. /proc/stat
E.2.26. /proc/swaps
E.2.27. /proc/sysrq-trigger
E.2.28. /proc/uptime
E.2.29. /proc/version
E.3. Directories within /proc/
E.3.1. Process Directories
E.3.2. /proc/bus/
E.3.3. /proc/bus/pci
E.3.4. /proc/driver/
E.3.5. /proc/fs
E.3.6. /proc/irq/
E.3.7. /proc/net/
E.3.8. /proc/scsi/
E.3.9. /proc/sys/
E.3.10. /proc/sysvipc/
E.3.11. /proc/tty/
E.3.12. /proc/PID/
E.4. Using the sysctl Command
E.5. 参考文献
F. 改訂履歴
索引